障害年金って何?どんなスペックの人がもらうの?

障害年金とはいったいどんなものでしょうか。また、どんなスペックであればもらえるのでしょうか。障害年金をもらうためにはどんな申請をしたらいいのか、わからない人は少なくありません。名前だけ知っているという人でも、いつ家族や自分、あるいは親しい友人がもらうかわからないため、正しい知識を得ておくことが必要です。

障害年金とは?

日本では3つの国が決めた公的年金が存在しています。65歳からもらえる老齢年金、亡くなった人の遺族がもらえる遺族年金のほかに、怪我や病気によって生活や仕事に差しさわりのある人が受け取ることができる年金が、障害年金です。

それまでどんな保険に加入していたのかによって障害基礎年金か障害厚生年金か、もらえる年金が異なります。それまで国民年金に加入していた場合には障害基礎年金、厚生年金に加入していた場合には障害厚生年金です。なお厚生年金に加入している人だけの制度ですが、障害厚生年金の条件に該当するよりも軽い症状であった場合には、障害手当金がもらえます。

受給資格は病気や怪我の症状や後遺症がどれくらいかによって異なるため、家族構成や経済状況に関しては一切考慮されません。症状が重いからといって一時金を出すだけの制度でもなく、あくまでも病気や怪我で生活や仕事に差しさわりのある人が暮らしやすいように支給される年金です。

ただし、既に老齢年金をもらっている人の場合には、若年層よりも金額が少ない可能性はあります。20歳以上で年金を支払ってきた人を対象にした年金であるため、高齢者に対しては減額される恐れもあることを知っておいてください。

障害年金の対象となるってどういう人?

障害基礎年金か障害厚生年金かによって、受給資格が異なりますので、注意してください。障害基礎年金の場合、障害認定基準の1級・2級に該当する人だけがもらえます。障害厚生年金の場合は、障害年金の障害認定基準の1級から3級までの人が受給資格該当者です。

また、誰もが受給できるわけではなく、3つの条件に当てはまっている人がもらえる制度となっています。3つの条件とは、公的年金に加入している時に病気や怪我の初診日があること、障害の状態が障害認定基準に達していること、保険料の未納期間が一定以上超えていないことです。

公的年金に加入している時に病気や怪我の初診日があるというのは、障害認定基準の対象となる病気や怪我をして、はじめて医療機関の診察を受けた日となります。病院を何度変えても、はじめの医者にかかった日にちが重要です。

障害の状態が障害認定基準に達しているかどうかは、障害認定日に認定に達しているかどうかになります。保険料の未納期間が一定以上超えていないこととは、支払っている年月と保険料納付を免除されている期間を合わせて、全保険加入期間の三分の二であることです。

初診日の前々月までの支払い状況から判断されますが、万が一支払っていない場合、前年1年間の支払いを参考にする場合もあります。

障害年金をもらうのに大切な障害認定基準って何?

障害認定基準とは、障害年金を申請した人がどの程度の障害の具合かを明確にする基準です。それぞれの病気の状態によっても大きく異なりますが、1級の場合は身体及び精神的な病気のせいでほぼ寝たきりの人や、常に誰かが一緒にいなければ日常生活を送ることができない人が認定されます。

2級の場合は、寝たきりではないにせよ、身体及び精神的な病気のせいで安静が必要となり、日常生活への制限をされている場合です。常に誰かそばにいなくても生活できる時点で1級よりも症状が軽いですが、それでも就業や単独での日常生活が難しいとされています。

ここまでが障害基礎年金のもらえる基準です。障害厚生年金の場合には、3級と障害手当金も、もらえる対象となっています。3級の対象となるのは、1人で日常生活を送ることは可能でも、正社員としてフルタイム働くことができる心身状態ではない人です。

フルタイムではなく、パートタイムなどであれば働くことができる人も対象となっています。障害一時金対象者の場合は、心身に怪我や病気を負った経験があり治っているけれど、後遺症のせいで働く時間や内容に制限がつく場合です。

3級よりもずっと軽い対象とされていますが、それでもフルタイムで働くことが難しい人を指します。

どんな病気の人が障害年金を受けられるの?申請方法は?

障害年金を受けられる病気の人は、多岐にわたっています。精神的な病気である鬱病や総合失調症、知的障害、発達障害、転換などが精神的な病状とされていますが、精神疾患の場合、自分の病状が障害年金の対象となるかどうかは、医師に確認をしてください。

それ以外の病状としては糖尿病や白内障といった病気まで、ほぼ全身の病気が対象となるため、医療機関で相談することによって障害年金申請が可能かどうか判断できるでしょう。がんなども病状によっては申請が可能となる場合があります。

病気で働けない状態の人の場合は経済的に切実な問題となるため、一刻も早く医師に相談しましょう。障害年金の申請は、基本的に社会保険労務士に依頼したほうがいいでしょう。個人で依頼する場合、精神的・肉体的な負担が大きいため、障害を持つ人には耐え難いものとなる可能性が高いからです。

それでも自分で申請を希望する場合、住んでいる自治体の役所の年金課の窓口に行ってください。年金申請書・障害者手帳・生年月日を明らかにできる戸籍抄本など・医師の診断書・受診状況証明書・病歴・就労状況等申立書・障害年金を受け取る金融機関の通帳を用意して出かけましょう。

年金事務所の窓口でも申請できますし、年金機構のHPでも年金申請書の用紙をダウンロードできます。

障害年金には併給調整があるって知ってる?

障害年金っていくらもらえるの?

障害基礎年金か、障害厚生年金かによって年単位でもらえる金額が違います。生涯厚生年金のほうが需給可能金額は高めです。障害基礎年金の場合、年額で1級の場合は97万円前後、2級が約77万円前後とされていますが、年金受給者に18歳未満の子供がいる場合、子供の手当がつきます。

子供の手当は第2子まで22万弱、第3子から7万円前後とされていますので、注意してください。障害厚生年金の場合、年額で1級は約186万円、2級は約140万円、3級で約67万円です。

なお、1級・2級の場合、65歳未満の配偶者がいる場合には、年額約22万円の手当がつきます。

初診日から5年以内に病気や怪我が完治し、その後3級よりも軽い症状で後遺症がある場合には、障害一時金がもらえますが、あくまでも一時金で継続的にもらえる金額ではありません。

もらえる金額としては報酬比例の年金額を2倍もらえるといいます。申請し、審査に通ると3ヵ月後に年金決定通知書や年金証書などが郵送されてくるので確認してください。審査に通ると毎年偶数月に2か月分振り込まれるようになります。